明治30年の洪水

災害年月日
1897年00月00日
市町村
高知県香南市(野市町)
災害種類
風水害  
概要
明治30年(1897)、大洪水により物部川の両岸数箇所が大被害を受け、佐古村では父養寺字土居ノ下よりツバヤ間の堤防が決壊した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
野市町史編纂委員会編「野市町史 上巻」(野市町、1992年)、1011頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 物部川 土居ノ下 ツバヤ 堤防決壊
NO.
高知1650

よく似た災害

明治30年の洪水

明治30年(1897)、大洪水により物部川西岸にも被害があったが、東岸佐古村では父養寺字土居ノ下よりツバヤ間の堤防が決壊した。 続きを読む

明治30年の台風

明治30年(1897)9月、台風により、物部川の東岸父養寺字土居ノ床下浸水よりツバヤ間の堤防が決壊。(「野市町史」による) 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、暴風雨により、石手川の堤防が決壊し、死者10数人、石手村ほか4ヶ村が浸水した。また、重信川上村でも堤防が決壊し、温泉... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月、洪水により、鴨島町で堤防が決壊した。 続きを読む

明治6年の洪水

image

明治6年(1873)10月3日、洪水により明見~岩脇間の堤防が決壊した。 続きを読む