昭和9年の水害

災害年月日
1934年00月00日
市町村
高知県南国市
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)の水害で、被害を受けた岡豊、布師田、大津、高須の各村は上流の長岡、国府、久礼田、新改の4ヶ村に国分川改修を呼びかけ「国分川改修期成同盟会」を結成して国・県に対して運動をしたが、布師田村新屋敷を主体とする北岸の人は「国分川改修反対同盟会」を結成して反対運動を行った。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
岡豊村史編纂委員会編「岡豊村史」(岡豊村、1959年)、528頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 国分川改修
NO.
高知1710

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により大津地区でも大きな被害を受けた。この震災と高潮による被害は、国分川改修に反対してきた国分川北岸の人々... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震が発生した。この震災の惨状は、国分川改修反対派を沈黙させ、地盤沈下復旧事業として、昭和22年に葛島、砂地... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により大きな被害を受けた。一方、国分川改修の実現にとっては好機となった。国分川南岸の人々の永年の主張が認め... 続きを読む

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)8月28日、豪雨により布師田、岡豊の国分川堤防20間が決壊し、大津村で被害。高知新聞によると、大津村の損害は、堤防の決壊7箇所損... 続きを読む

昭和3年の洪水

昭和3年(1928)8月30日、吉野川は大洪水となったが、大正15年(1926)に吉野川改修工事が完成していたため、堤防決壊を免れ被害少し。 続きを読む