延享3年の火災

災害年月日
1747年01月16日
市町村
高知県高知市
災害種類
火災  
概要
延享3年(1746)12月6日、中須賀から出火し、上町から南町に延焼した。焼失家屋は城下2,185軒、郷分256軒で、焼死者55人であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知市編「高知市史」(名著出版、1973年)、86頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 中須賀 死者
NO.
高知1769

よく似た災害

延享3年12月の火災

延享3年(1746)12月6日、城西の中須賀、紺屋より出火、上野より焼け始めて南街に及ぶ。城下2,185軒、郷分256軒焼失、死者55人。(「高知市史... 続きを読む

延享3年の火災

延享3年(1746)12月6日、中須賀から出火し、城下の家屋2,600余軒が類焼した。 続きを読む

昭和10年の下鍵山の火災

昭和10年(1935)6月27日午前0時30分、下鍵山地区十字路より出火、町の大半を焼失して、午前3時30分に鎮火した。焼失家屋は住家54戸、非住家1... 続きを読む

昭和10年の下鍵山の火災

昭和10年(1935)6月27日午前0時30分、下鍵山地区十字路より出火、町の大半を焼失して、午前3時30分に鎮火した。焼失家屋は住家54戸、非住家1... 続きを読む

享保12年の火災

享保12年(1727)2月1日午の下刻(午後1時)、越前町から出火し、西南の烈風にあおられ、火は数條に分かれて東方に延び、高知城では三の丸、二の丸、本... 続きを読む