享保6年の洪水

災害年月日
1721年08月00日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
風水害  
概要
享保6年(1721)7月から8月まで、仁淀川流域では三度の風雨、洪水に見舞われ、田畑・家屋の流失、死者等の被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
仁淀村史編纂委員会編「仁淀村史 追補」(仁淀村、2005年)、18頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 仁淀川 死者
NO.
高知1826

よく似た災害

享保6年の洪水

享保6年(1721)7月から8月まで、仁淀川流域では三度の風雨、洪水に見舞われ、田畑・家屋の流失、死者等の被害が出た。 続きを読む

昭和20年10月の洪水

昭和20年(1945)10月8日、本篠川の洪水により、家屋の一部流失や半壊、浸水10戸、田畑の流失、土石流約3反歩、浸水田3町歩の被害が出た。 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月、重信川では既往最大の洪水に見舞われ、破堤・溢水8箇所、家屋の浸水約12,500戸などの被害を受けた。 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)、大洪水により、潰家311戸、溺死者1人、流失牛馬6頭の被害が出た。(「蜂須賀家記」による) 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)7月15日の大洪水では、重信川の堤防決壊により、流失家屋889軒、死者72人、田畑の被害3,716町歩余、石高35,000石余の被... 続きを読む