寛政11年の台風

災害年月日
1799年09月17日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
風水害  
概要
寛政11年(1799)8月18日、19日の大暴風雨により、別枝の法泉寺過去帳によると、3人が死亡した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
仁淀村史編纂委員会編「仁淀村史 追補」(仁淀村、2005年)、19頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 法泉寺過去帳 死者
NO.
高知1831

よく似た災害

天明4年の風雨

天明4年(1784)7月26日、大風雨により倒家多かった。正泉寺過去帳によると、長者村で土石流で一家4人が流されて死亡したという。 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日、大地震。(「教法寺過去帳に見る幕末の世情」による) 続きを読む

安政4年の台風

安政4年(1857)7月1日、大風により鐘堂、民家が吹き倒される。(「教法寺過去帳に見る幕末の世情」による) 続きを読む

天保14年の干ばつ

天保14年(1843)7月7日から8月15日まで、干天。(「教法寺過去帳に見る幕末の世情」による) 続きを読む

嘉永2年7月のあほう水

嘉永2年(1849)7月10日、11日、大風雨。「あほう水」と呼ばれる。(「教法寺過去帳に見る幕末の世情」による) 続きを読む