嘉永2年の台風

災害年月日
1849年08月26日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月9日~11日の暴風雨(酉の大水)により、家屋が流失した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
仁淀村史編纂委員会編「仁淀村史 追補」(仁淀村、2005年)、19頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 酉の大水
NO.
高知1832

よく似た災害

嘉永2年の台風

嘉永2年(1849)7月9日から大しけで、10日夜四つ半(23時頃)からの大水となり、寺坂敷より5.7寸上がり、家が2軒流れた。(「広楽寺の過去帳」に... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月9日から大水となり、仁淀川堤防は吾川郡側と高岡側で決壊し、高岡町井関の広楽寺の過去帳には寺板敷より5、7寸上がり、家2軒が流れ... 続きを読む

嘉永2年~5年の風雨

嘉永2年(1849)から5年(1852)にかけて、毎年大風雨があった。嘉永5年は「子の大水」と言われた。 続きを読む

嘉永2年の酉の水

嘉永2年(1849)7月15日より数日、霖雨が降り続き、榎瀬村では川の堤防が破壊され村内一円が浸水した。酉の大水と言う。 続きを読む

嘉永2年の台風

嘉永2年(1849)7月9日より11日まで、暴風雨、大洪水により、大川筋(仁淀川筋)では弘岡、高岡、塚地、蓮池、伊野、波川の堤が決壊して、馬の流死千匹... 続きを読む