安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県高知市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日七ツ時(午後4時頃)より大地震となり、津波が打ち込み、浦々、城下とも人や家に大被害を与えた。12月10日、14日夜、30日にも大地震が発生した。翌年1月、2月まで地震がない日は一日もなかった。(「天地の間の事覚附」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松本実編「香北町史」(香北町教育委員会、1968年)、220-221頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政南海地震 津波 天地の間の事覚附
NO.
高知99

よく似た災害

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日午前9時頃、大地震が起こり、翌5日夜明けまで地震が5、6度に及んだ。5日8時頃大震、12月にも強震がった。人々は竹藪の中... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日七ツ半、大地震。この年12月まで地震続く。 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、地震(M8.4)により、松山城内破損、領内被害住家・非住家計2,500軒余。 また、11月7日にも地震(M7.3~7.... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、M8.4の大地震が発生した。「富永家文書」によると、この地震で川向かいの大岩が動き、大石が川の中に落ち込み、家の中では... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、大地震が起こった。寅の大変と言われる。「甲寅大地震御手許日記」によると、夕方地震が起こった後も、日没までに2回、夜中に... 続きを読む