嘉永2年の洪水

災害年月日
1849年08月26日
市町村
高知県越知町
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月9日、仁淀川の大洪水により、越知下渡しの家で床上1m位まで水位が上昇し、家の中に大舟を引き入れて家財道具を運んだと伝えられている。酉年の大水という。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
越知町史編纂委員会編「越知町史」(越知町、1984年)、1031頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
仁淀川 洪水 越知 酉年の大水
NO.
高知1863

よく似た災害

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月8日、酉年の大水、城下にあふれる。(吉野川治水年表による) 続きを読む

嘉永2年7月の洪水

嘉永2年(1849)7月8日~11日、吉野川大水により川田の堤防が切れた。「酉年の大水」と呼ばれた。(「山川町史」、「徳島年鑑」、「丹兵衛日記」、「住... 続きを読む

万治2年の風雨

万治2年(1659)9月20日、大風雨により、中村町流失、石見寺下に家財道具が流れる。 続きを読む

嘉永2年の酉の水

嘉永2年(1849)7月10日、11日の大雨は前代未聞の大出水を引き起こし、世人はこれを阿房水と命名した。酉の阿房水と言われる。被害を受けた田畑は、被... 続きを読む

嘉永2年の台風

嘉永2年(1849)7月9日より11日まで、暴風雨、大洪水により、大川筋(仁淀川筋)では弘岡、高岡、塚地、蓮池、伊野、波川の堤が決壊して、馬の流死千匹... 続きを読む