昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県南国市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時過ぎ、南海大地震が発生した。地震と津波による高知県内の被害は、死者670人、負傷者1,836人、住家全壊4,834戸、半壊9,041戸、浸水家屋5,608戸などであった。この地震は海岸線に大きな影響を及ぼし、室戸岬と足摺岬では地盤が隆起したため船舶の発着に支障を来すようになり、高知市などの中央部は地盤沈下により浸水地帯が広がり、住宅、田畑、河川に大きな被害を与えるようになった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
南国市編纂委員会編「南国市史 下巻」(南国市、1982年)、326-330頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 地盤隆起 地盤沈下
NO.
高知102

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、土佐沖で南海地震が発生し、宇摩地方の海岸の地盤は0.5m以上沈下した。八綱浦などの広い海岸や砂浜は海底に没し、海岸... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震、津波、地盤沈下あり。(「徳島県史」による)(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録は... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、潮岬の南方50kmで起こった大地震、津波により、死者は浅川で85人、牟岐で53人を出したほか、住家... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、潮岬の南方50kmで起こった大地震、津波により、死者は浅川で85人、牟岐で53人を出したほか、住家... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震による地盤沈下は、海部郡海岸線一帯では北部で沈下量が大きく、南に向かうにしたがい漸減している。当郡一帯は地... 続きを読む