昭和23年の洪水

災害年月日
1948年07月00日
市町村
高知県佐川町
災害種類
風水害  
概要
昭和23年(1948)7月、洪水により斗賀野村全村にわたって水田の裏打ち、土砂の流失、埋没、稲の流失の被害が多かった。安岡川や丸山川などの堤防は各所で決壊したが、改修直後の斗賀野川は鳥の巣前堤防が50間にわたり決壊し、埋没の田地が数反に及ぶ大被害となった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
明神健太郎編「斗賀野村史」(斗賀野村教育委員会、1954年)、182頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 安岡川 丸山川 斗賀野川 堤防決壊
NO.
高知1987

よく似た災害

明治32年9月の洪水

明治32年(1899)9月21日、台風により、仁淀川は洪水となり、高岡堤防が1,000mにわたって決壊し、9橋が流失した。また、波川の千本杉堤防も決壊... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、重信川の堤防は各所で決壊した。上高柳でも内土手を含めて3箇所で決壊し、川原と化した。 この後、重... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、昨日来の雨により、重信川、石手川の所々で決壊し、余土、垣生は惨状を呈する。南吉井村も牛淵の南堤防など数箇所で決壊し、田... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、昨日来の雨により、重信川、石手川の所々で決壊し、余土、垣生は惨状を呈する。南吉井村も牛淵の南堤防など数箇所で決壊し、田... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日、断続的な雨が数日間続き、22日夜に重信川、石手川は非常に出水して、23日暁には諸所で決壊し、余土、垣生で惨状を呈した。... 続きを読む