明治31年の台風

災害年月日
1898年00月00日
市町村
高知県佐川町
災害種類
風水害  
概要
明治31年(1898)、大風により、大木が無数に倒れ、所々で家が倒壊した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
明神健太郎編「斗賀野村史」(斗賀野村教育委員会、1954年)、183頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知1989

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

image

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、松の大木が無数に倒れ、長楽寺の鐘楼が倒壊した。崖崩れ、谷川の氾濫、家屋の傷みなど被害は甚大と言わざるを... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

image

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、松の大木が無数に倒れ、長楽寺の鐘楼が倒壊した。里芋、大根などは葉がことごとく裂かれて全滅した。崖崩れ、... 続きを読む

明治9年の暴風

明治9年(1876)、暴風により、家が倒れ、木が倒し、船が吹き飛ばされた。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月29日、大暴風雨により、人家の倒壊多く、中でも吹名では40戸のうち13戸が倒壊した。樹木の挫折、根倒れは無数で、中津の上野神... 続きを読む

明治19年9月の台風

明治19年(1886)9月10日、台風により、戸波村で大木が倒れ堤防欠損。 続きを読む