天保7年の洪水

災害年月日
1836年09月13日
市町村
高知県土佐市
災害種類
風水害  
概要
天保7年(1836)8月3日の大洪水により、谷川掛り及び砂留3箇所が破損したため、翌年普請が行われた。(「萬日記帳」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐市史編集委員会編「土佐市史」(土佐市、1978年)、550-551頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
高知2015

よく似た災害

享保7年の洪水

享保7年(1722)6月23日、総社川が大洪水のため、蔵敷村で堤防決壊、今治城三ノ丸の堀まで濁流が押し寄せるほどであった。享保9年に総社川の瀬堀普請が... 続きを読む

享保9年の高潮

享保9年(1724)9月上旬、高潮により、島中の海岸241箇所が破損した。 続きを読む

寛政11年の台風

寛政11年(1799)8月18日~19日の大暴風雨により、奈半利川の堤防が決壊し、田野の福田寺から奈半利の多気神社前まで一面の水となった。翌年、大普請... 続きを読む

天保3年の高波

天保3年(1832)9月11日、津波があり、津呂・室津の両港が破損した。翌年、修築した。 続きを読む

天保13年の洪水

天保13年(1842)6月25日、風雨洪水により被害が出たため、9月から11月まで波介川尻、高岡関、用石で普請を行った。(「御当家年代略記」による) 続きを読む