昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県高知市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日未明、南海地震が発生。高知市の被害は、死者231人、負傷者334人、家屋の全壊1,689戸、半壊2,822戸、浸水1,881戸、罹災者42,500人と記録されている。写真4枚。(鉄砲町、葛島南方の堤防、城見町電車通り、五台山地区の被災状況)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
寺田正編「写真集 高知」(国書刊行会、1979年)、110-111頁
情報源の種類
写真集
キーワード
昭和南海地震 死者 写真
NO.
高知120

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、大地震が発生した。大月町では死者5名、家屋全壊53戸、半壊30戸、浸水132戸であった。津波被害は古... 続きを読む

康安元年/正平16年の南海地震

康安元年/正平16年(1361)6月24日、南海道沖大震。理科年表には「摂津阿波に津波被害あり、流失家屋死者多し」と記されている。日本地震資料-土佐国... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月4日、東海・東山・南海の諸道で大地震があり、津波も大きかった。倒壊・流失家屋は8,300戸、焼失300戸、死者1,000人を... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海道大地震が直撃し、大きな被害をもたらした。被災写真が掲載されている。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震による津波の際、土佐清水港の検潮所では津波の来襲によって記録が振り切れたため津波到達直後の記録はないものの、津波が12... 続きを読む