昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県高知市(春野町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、南海地震が発生した。春野地方では、死者4人、負傷者5人、倒壊家屋44軒のほか、仁淀川の堤防には多くの危険箇所が生じ、仁ノ・甲殿の海岸では約1mの地盤沈下が60町歩の面積で起こった。地震時の様子を記した「門田瑞穂日記」が掲載されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
春野町史編纂委員会編「春野町史」(春野町、1976年)、659-660頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 死者 仁淀川 地盤沈下 門田瑞穂日記
NO.
高知121

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、長岡郡の海岸地帯では40~50cm、平均52cmの地盤沈下が認められている。長岡郡の地震被害は倒壊... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、徳島臨海平野では数十cmの地盤沈下が生じた。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震により、詫間町の海岸線では60cmもの地盤沈下が起こった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、高知市では40~100cm、平均52cmの地盤沈下が認められ、高知県下で最大の沈下量を示している。... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の南海地震が起こり、地震と津波の犠牲者は高知県で679人、徳島県で211人、香川県で52人、愛媛県で26人... 続きを読む