享保6年の洪水

災害年月日
1721年07月28日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  
概要
享保6年(1721)7月5日、12日及び15日、再度の洪水により農作物の被害甚大。名野川の大渡村では一在所の民家が残らず流失の記録あり。(「高知県災害異誌」、「渡川史」、「仁淀村史」、「伊野町史」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、279頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 大渡村 高知県災害異誌 渡川史 仁淀村史
NO.
高知2089

よく似た災害

享保6年の洪水

享保6年(1721)7月から8月まで、洪水、高岡郡仁淀村、伊予久万山で地変あり。/史料掲載:「仁淀村史」 続きを読む

享保7年の洪水・山崩れ

享保7年(1722)6月23日、洪水、山崩れあり。/史料掲載:「仁淀村史」 続きを読む

文政6年の洪水・山崩れ

文政6年(1822)、高岡郡に大洪水あり、仁淀村で山崩れ、岩屋川をせき止めたため新湖出現する。/史料掲載:「仁淀村史」 続きを読む

天明7年の洪水

天明7年(1787)4月23日から27日まで大水、中須賀、その余の島の芋、秋毛残らず流失。(「兵助日記」による) 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風が枕崎に上陸し、米子に抜けた。雨量は長者607ミリ、池川432ミリに達し、仁淀川は大洪水となった。仁淀村では... 続きを読む