寛政7年の洪水

災害年月日
1795年10月11日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  
概要
寛政7年(1795)8月29日、大洪水により、天神橋南詰の堤が切れ、人家流失、死人あり。(「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、283頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 天神橋 堤防決壊 死者 高知県災害異誌
NO.
高知2131

よく似た災害

寛政7年の洪水

寛政7年(1795)8月29日、大洪水により、天神橋南詰の堤が切れ、人家流失、死人あり。(「高知市史」による) 続きを読む

寛政7年の洪水

寛政7年(1795)8月29日、大洪水により、天神橋南詰の堤が切れ、人家流失、死者あり。 続きを読む

寛保元年の洪水

寛保元年(1741)6月7日、洪水により堤切れ、人家20余軒流失。(「高知県災害異誌」、「高知県歴史年表」、「皆山集」による) 続きを読む

正徳5年6月の風雨

正徳5年(1715)6月20日、大風雨、洪水により、物部川堤切れ死人あり。仁淀川は七合の出水。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

寛政11年の洪水

寛政11年(1799)8月19日、洪水。(「高知県災害異誌」、「仁淀村史」による) 続きを読む