明治19年8月の台風

災害年月日
1886年10月15日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月20日、台風が宮崎に上陸し、北九州から北東に進み、暴風雨、洪水。(「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、289頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 高知県災害異誌
NO.
高知2200

よく似た災害

明治17年の台風

明治17年(1884)8月12日、台風が九州中部から清水と潮岬をかすめた。8月25日、台風が九州中部より周防灘に進み、死者1,798人。(「高知県災害... 続きを読む

昭和29年の台風15号

昭和29年(1954)9月26日、台風15号が大隅半島に上陸し、非常に速い速度で北東に進み、洞爺丸沈没などの大惨事を起こした。(「高知県災害異誌」、「... 続きを読む

明治19年の洪水

image

明治19年(1886)8月20日、台風が宮崎に上陸し、北九州から北東進した。19時頃から北東の暴風雨となり、21日はまずます猛烈となり、12時頃から河... 続きを読む

明治16年の台風

明治16年(1883)9月12日、台風が土佐沖を北東進して暴風雨。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

明治18年7月の台風

明治18年(1885)7月1日、台風により、暴風雨、出水。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む