大正元年の台風

災害年月日
1912年08月23日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月22日、台風が土佐東部をかすめて北上した。雨量は伊野で234ミリ、別府448ミリ、長者380ミリで、被害は大きかった。(「高知県災害異誌」、「渡川史」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、293頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高知県災害異誌 渡川史
NO.
高知2213

よく似た災害

昭和10年9月の台風

昭和10年(1935)9月24日、台風が四国西岸沿いに北上した。23日の雨量は名野川で368ミリ、長者で327ミリ、別府で290ミリで、仁淀川は大洪水... 続きを読む

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月11日、台風が土佐湾西岸沿いを北東進した。10日の雨量は名野川で430ミリ、別府で418ミリ、長者で299ミリで、死者10人... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利町に上陸した。県内の雨量は長者で364ミリ、名野川で339ミリ、別府で295ミリに達し、県内の被害は死... 続きを読む

昭和25年台風29号

昭和25年(1950)9月13日、台風29号が志布志湾に上陸し、九州を縦断した。12日の雨量は長者で317ミリで、死者7人となった。(「高知県災害異誌... 続きを読む

寛延3年の大雨

寛延3年(1750)4月、大雨、洪水。(「高知県歴史年表」、「高知県災害異誌」、「伊野町史」による) 続きを読む