大正14年の台風

災害年月日
1925年09月17日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
大正14年(1925)9月17日、台風が瀬戸内海を通り、無類の大雨被害が出た。死者40人。(「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、294頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 死者 高知県災害異誌
NO.
高知2217

よく似た災害

大正14年の台風

大正14年(1925)9月17日、台風が瀬戸内を通り、無類の大雨となった。豪雨、浸水などで死者40人。 続きを読む

昭和29年の大雨

昭和29年(1954)6月~7月の梅雨で大雨となり、死者2人を含む被害が出た。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、台風が豊後水道を北上し、2日間連続の大雨となり、仁淀川大洪水となった。名野川の雨量は566ミリで、堤防決壊した。全壊・... 続きを読む

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月18日、台風5号が九州を横断して宿毛、宇和島間に再上陸した。17日~18日の雨量は長者で469ミリとなり、死者4人の被害が出... 続きを読む

明治32年7月の台風

明治32年(1899)7月8日、台風が鹿児島からゆっくり北上して佐田岬を通った。仁淀川は大洪水で、中島堤が欠け、流失13戸、死者19人の被害が出た。(... 続きを読む