昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県越知町
災害種類
地震・津波  火災  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により全県下で被害大となった。津波、火災も発生し、死者679人、負傷者1,836人、倒家4,834戸、半壊9,292戸、流失566戸、焼失196戸の被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
越知町史編纂委員会編「越知町史」(越知町、1984年)、1036頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 火災
NO.
高知140

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月、南海地震が発生した。県内の最大震度は5で、死者52名、家屋全壊620戸の被害が出た。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、潮岬沖を震源とする南海道地震が発生した。脇町の震度は4で、美馬郡で死者11人、負傷者15人などの被害が出... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生し、香川県では死者51人、負傷者275人、家屋の全壊608戸の被害が出た。仁尾町では死者はなく、家屋... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時18分、潮岬沖でM8.1の大地震が起こり、大津波が土佐湾にも押し寄せて甚大な被害を受けた。須崎では国鉄須崎駅... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時18分、潮岬沖でM8.1の大地震が起こり、大津波が土佐湾にも押し寄せて甚大な被害を受けた。須崎では国鉄須崎駅... 続きを読む