宝永4年の地震津波

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県土佐市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日の宝永地震による土佐市域の津波被害の様子は「谷陵記」に記されている。仁淀川の潮は八田村の渡場まで達し、新居村は全滅した。潮は山まで達し、山腹の家が少し残る。宇佐村は全滅し、潮は橋田の奥、宇佐坂の麓、萩谷口まで達し、山上の家が一軒残る。溺死者400余人。渭浜は海に没し、水深5尋6尋となる。福島上も同様で、溺死100余人。龍は全滅し、青龍寺の客殿だけ残る。井尻は全滅。(「谷陵記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐市史編集委員会編「土佐市史」(土佐市、1978年)、449-451頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 死者 谷陵記
NO.
高知149

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午前11時頃から大地震が始まり、午後1時頃から大潮が入ってきた。人家は悉く押し流され、溺死者数は数えきれず、屍はあたかも... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午後1時前後に大地震が発生し、その後津波が来襲して、被害は甚大となった。南路志によると、各地の被害の状況は以下のとおりで... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、南海道大地震により、潰家、死傷夥し、津波高く、土佐国死者2千人。例えば、宇佐では、潮は橋田の奥、宇佐坂の麓萩谷口まで、... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震が起こり、津波は伊豆半島から九州に至る太平洋沿岸、大阪湾、播磨灘、瀬戸内海沿岸まで襲った。津波の被害は高... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震が起こり、津波は伊豆半島から九州に至る太平洋沿岸、大阪湾、播磨灘、瀬戸内海沿岸まで襲った。津波の被害は高... 続きを読む