安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県土佐市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日、地震津波が来襲した。「真覚寺日記」には被害の様子が詳細に書かれている。午後5時頃未曾有の大地震が起こり、人々は狼狽し、子どもは叫ぶ。間もなく山のような津波が来て、宇佐、福島一面の海となる。津波はこの夜8、9回来たが、1番波よりも2番、3番の引き潮によって浦の人々は流された。福島中須賀の間は家が一軒も残らず、宇佐では残った家が60軒だった。流死は福島で50余人、宇佐では10余人であった。(「真覚寺日記」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
「真覚寺日記」は、真覚寺の住職井上静照師が記した「地震日記」と「晴雨日記」により成っている。
平成23年には土佐市郷土史研究会により「真覚寺日記」の現代語訳が出版された。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐市史編集委員会編「土佐市史」(土佐市、1978年)、555-559頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政南海地震 津波 死者 真覚寺日記 宇佐
NO.
高知150

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震が起こり、鈴浪が来る。翌5日7ツ半時(午後5時)未曾有の大地震が起こり、人々は狼狽し、子どもは叫ぶ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震が起こり、鈴浪が来る。翌5日7ツ半時(午後5時)未曾有の大地震が起こり、人々は狼狽し、子どもは叫ぶ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震があり、鈴波が来た。鈴波は津波のさきがけで、油断してはならないと言い伝えられている。翌5日夕方7ツ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震があり、鈴波が来た。鈴波は津波のさきがけで、油断してはならないと言い伝えられている。翌5日夕方7ツ... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、M8.4の地震が起き、高知県・徳島県の沿岸部では地震・津波両面の被害を受けた。この安政南海地震発生の32時間前に安政東... 続きを読む