昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年00月00日
市町村
高知県日高村
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)、南海地震に伴う地盤沈下により、日下川流域の水害はますます深刻となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
日高村史編纂委員会編「日高村史」(日高村教育委員会、1976年)、457頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下 日下川
NO.
高知154

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震に起因する地盤沈下により、日下川流域の水害はますます深刻になった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)、南海地震による地盤沈下のため、白鳥の松原は浸蝕され、東部の新川流域の耕地も低地と化し、海水が浸入するようになった。このため、流... 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月9日、台風18号により、那賀川流域の総降水量は250~400ミリとなった。古庄の水位は9日10時の5.70mがピークであった... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海地震が起こった。津波の被害は地震そのものの被害よりも大きかった。波高は高知県の沿岸で4~6mに達した... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の南海地震により、愛媛県の被害は死者26人、負傷者32人、家屋の全壊553戸、半壊790戸、道路等の損壊1... 続きを読む