明治23年の台風

災害年月日
1890年09月09日
市町村
高知県四万十市(西土佐村)
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)9月9日から11日にかけて、大暴風が襲来した。豪雨により大洪水となり、田畑の流失、稲作の被害、橋梁流失等の被害をこうむった。中村町の四万十川水位は、明治19年の時(平水よりも2丈9尺5寸高かった)よりも2尺高かった。西土佐村口屋内のはいたか神社境内の上り階段には、明治23年の洪水標が建てられている。
地理院地図
Googleマップ
備考
口屋内のはいたか神社境内には、明治23年の洪水標が建てられている。
なお、「はいたか」の漢字は偏が西に早、造りが鳥である。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
西土佐村史編纂委員会編「西土佐村史」(西土佐村、1970年)、722頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 四万十川 口屋内 はいたか神社
NO.
高知2504

よく似た災害

明治35年の洪水

明治35年(1902)、寅年の大水が発生した。この年の大水は嘉永2年の洪水よりも約1尺水嵩が高かった。鯛浜村だけで溺死者が17、18人という。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日、2、3日前から降り続いた雨は午前6時に大豪雨となり、正午過ぎに大洪水となった。増水は夕方6時頃まで続き、植林が根こそ... 続きを読む

明治40年の洪水

明治40年(1907)旧7月29日、30日、大洪水。増水位は、明治32年の洪水より数尺低かった。 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)8月、暴風雨により、西原と古庄村の境、通称とまこ井利より以東40間余の堤防が決壊し、大きな被害が出た。しかし、明治11年(187... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月、暴風雨により、各河川の堤防が破られ、人家、田畑を押し流され、被害は甚大であった。旧下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半潰1... 続きを読む