享保6年の洪水

災害年月日
1721年07月28日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
享保6年(1721)7月5日~15日に度々大洪水あり。作物に被害が出た。中村の町中では水の高さが地面から6尺に達したので、人々は山に登り、2日間山で過ごした。(「中村町風水害史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村市史編纂委員会編「中村市史 続編」(中村市、1984年)、246頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 中村町風水害史
NO.
高知2529

よく似た災害

享保6年の洪水

享保6年(1721)8月27日より9月6日まで、度々大洪水あり、作物大傷。幡多郡中村町中の水の高さ地より6尺(約2m)となり、人々は山へ登り、中2日山... 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)8月27日より9月6日まで、度々洪水あり、作物被害甚だし。町内の浸水は地上6尺に及び、人々は山に逃げて2日間野宿す。8「中村町史」... 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)、中村町の水の高さ地より6尺、人々山へ登り中2日山にあり。(「中村町水害史」による) 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)7月5日より15日まで度々洪水があり、作物の被害甚だしく、中村町内の浸水は地上より6尺に及び、人々は逃れて2日間野宿をしたという。... 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)閏7月5日~15日、諸国洪水、家、人、牛馬流される。中村町内の浸水は地上6尺。山に逃れて2日間野宿す。 続きを読む