昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県中土佐町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、大地震が起こり、津波も発生した。津波は3回襲来し、岡岩の前の護岸堤は20~30m破壊された。このため、浦分、町筋ともにほとんど全戸が浸水し、水位は土地の高い役場付近で約1尺5寸、低い浦分では乳に達する所もあったという。網代方面では弘野神社御旅所から南の全ての田畑・家屋は浸水し、漁具倉庫などは西方300~400mの田畑に流失、機帆船は忠魂墓地近くまで流されるなどした。被害は負傷者7人、浸水家屋800戸、浸水耕地75町、船舶破損81隻に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上ノ加江町史編纂委員会編「上ノ加江町史」(上ノ加江町、1956年)、141-147頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 上ノ加江 網代
NO.
高知168

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海大地震が起こった。大方町と白田川村の被害は、死者30人、負傷者12人、家屋の倒壊261戸、半壊397... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、紀伊半島西南沖を震源とした地震が発生した。津波も起こり、浅川などは全滅の被害を受けたが、応神村では家... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、南海地震が発生した。夜須町では、地震の10分後に津波が来襲し、来襲回数は3回、津波の高さは3~4m程... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかっ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかっ... 続きを読む