安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県須崎市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日朝五ツ(午前8時頃)地震があった。さほど強くなかったが、長時間揺れが続き、津波が来た。翌5日夕刻七ツ半(午後4時頃)大地震が起こり、大地は裂け、中から潮を吹くところもあった。山々は崩れ、家は倒壊した。人々は宝永の地震の時のように大津波が来るかも知れないと、とりあえず山に駆け上った。堀川の橋はみな地震で落ち、その上に潮水が2、3丈高くなり、数百の家や船が浮んでいた。(「須崎志」などによる)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史」(須崎市、1974年)、987頁及び1013-1022頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 死者 堀川 須崎志
NO.
高知178

よく似た災害

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日辰刻(午前8時)、地震が発生したが、岸本浦の地曳網が流されたり、夜須浜で潮の変調が感じられる程度であった。翌5日七ツ時(... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月5日申の下刻(17時頃)、大地震が起こった。中ノ浜に生まれた池道之助清澄の「嘉永七寅年地震津浪記」によると、大地震により人々... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日午前9時頃、大地震が起こり、翌5日夜明けまで地震が5、6度に及んだ。5日8時頃大震、12月にも強震がった。人々は竹藪の中... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日、5日の地震後の津波により、東由岐浦では24、5人が流されて亡くなった。東由岐「当屋帳」によると、4日午後2時頃地震があ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震が起こり、鈴浪が来る。翌5日7ツ半時(午後5時)未曾有の大地震が起こり、人々は狼狽し、子どもは叫ぶ... 続きを読む