昭和35年のチリ地震津波

災害年月日
1960年05月24日
市町村
高知県須崎市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和35年(1960)5月24日、チリ地震津波が襲来した。日本時間の23日午前4時10分に南米チリ沖で発生したM8.75の大地震に伴う津波が、ほぼ1日後に到来したものであった。顕著なものは4時55分から18時20分まで10数回堤防を越える津波が来襲し、28日夕刻まで異常潮位が続いた。須崎では住家全壊17戸、流失2戸、床上浸水617戸、道路損壊4箇所、堤防決壊27箇所、船舶被害72隻などの被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
備考
須崎橋には「津波之碑」が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史」(須崎市、1974年)、995頁及び1044-1051頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
チリ地震 津波
NO.
高知180

よく似た災害

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月23日4時11分頃、南米のチリ沖で大地震が発生し、津波が24時間後に日本の太平洋岸に来襲した。本県に津波の第一波が来たのは、... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月23日4時11分頃、チリ沖で大地震が発生し、津波が秒速200mで太平洋を横断、24時間後に日本全域の太平洋岸に来襲した。高知... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月23日、チリ沖で大地震が発生し、地震による津波が毎秒200mの速度で太平洋を横断し、24時間後の翌24日に日本全域の太平洋岸... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月23日4時11分頃、南米チリ沖で大地震が発生し、24時間後の24日早朝に津波が日本全域の太平洋岸に来襲した。本県に津波の第一... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

image

昭和35年(1960)、チリ地震津波が発生した。この冊子には、チリ地震津波に関する石碑等として、阿南市鵠の和光神社「石碑」に関する情報が掲載されている... 続きを読む