宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県黒潮町(佐賀町)
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、地震後の津波により、佐賀妙光寺では客殿・庫裡が流失、願成寺、安養寺、明専寺では過去帳その他が流失した。また、坂本・門脇両家では系図などを流失した。この地震では山潮(山崩れ)が非常に多かったと言われている。伊与喜森家の先祖は、この地震時に幡多郡塩塚城にいたが、山潮が湧出し、居宅が流失して信長公、元親公、盛親公から下賜された感状、家宝など一切を流失したと、同家の記録に残っている。この地震では土佐国中の死者が2,000人を超えたと言われている。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では10月14日になっているが、10月4日に修正した。
参考文献
大塚政重著「佐賀町郷土史」(佐賀町教育委員会、1965年)、50頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 妙光寺 山潮 死者
NO.
高知183

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未の上刻(14時頃)、猛烈な地震が起こった。亥の大変と言われている。地震後に大津波が来襲し、土佐の沿岸は大惨状を呈したと... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の大地震が起こった。県内の死者1,844人、津波等で流出した家が11,170軒、潰れた家4,869軒と伝えられ... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、土佐を中心とした大地震で、田地50余万代(1,147町歩)が海中に没したと言われている、幡多郡の陸続きの黒田郡が海底... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月、南海大地震。いわゆる亥の大変と呼ばれる大地震で、土佐の国中で津波のため1,844人が死亡した。谷陵記によると「上ノ加江亡所... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震が発生。有史時代最大の地震と言われ、土佐国内で亡所浦61、半亡所浦4、流家11,067軒、壊家5,608... 続きを読む