大正8年の大火

災害年月日
1919年05月03日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
火災  
概要
大正8年(1919)5月3日午前8時頃、下田町から出火し、西の強風のため下田小学校が全焼し、さらに飛び火して130余戸を焼き尽くして、正午頃鎮火した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村市史編纂委員会編「中村市史 続編」(中村市、1984年)、288-289頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 下田 下田小学校
NO.
高知2699

よく似た災害

明治18年の火災

明治18年(1885)旧暦7月25日午前4時頃、栗生での定福寺長屋の東尾根より出火して、長屋を全焼し、さらに大師堂、仁王門に飛び火して全焼した。 続きを読む

大正7年の大火

大正7年(1918)5月20日午後5時過ぎ、南京町から出火し、西風のため近隣の10数戸に延焼した。さらに新町にも飛び火して一面の火の海となった。東西約... 続きを読む

昭和40年の大火

昭和40年(1965)1月10日午前4時40分頃、新町の民家から出火し、戦前・戦後を通じて最大の大火事となった。約10mの北東の強風のため、火は付近一... 続きを読む

大正7年の大火

大正7年(1918)1月12日午前2時、馬場から出火し、近隣に類焼して7戸が全焼し、午前7時に鎮火した。原因は提灯の火であったと言われている。地元はも... 続きを読む

昭和35年の大火

昭和35年(1960)3月20日、滑川地区郷で大火があった。突風にあおられて8戸24棟全焼、老母1人、牛2頭、山羊2頭、綿羊1頭、鶏多数焼死、米穀、医... 続きを読む