寛文元年の地震

災害年月日
1662年01月09日
市町村
高知県四万十町(窪川町)
災害種類
地震・津波  
概要
寛文元年(1661)11月19日、大地震が発生したと伝えられているが、古文書等の記録が残っていないので、詳細は不明である。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
窪川町史編集委員会編「窪川町史」(窪川町、2005年)、405頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
高知188

よく似た災害

慶長元年の地震

慶長元年(1596)、地震が発生し、畿内地方で被害が大きく大阪城の石垣の一部が崩れたという記録があるが、讃岐には明確な記録が残っていないので分からない... 続きを読む

文禄5年の地震

文禄5年(1596)、大地震が発生した。京畿、四国、九州の被害が甚大であり、伏見城では573人が死亡、境の町では600人が死亡したと伝えられている。壬... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、M8.6の地震が発生した。建築物の倒壊、多くの死傷者を出した。津波を伴っているので、外側地震帯の活動であることは間違いな... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、M8.6の地震が発生した。建築物の倒壊、多くの死傷者を出した。津波を伴っているので、外側地震帯の活動であることは間違いな... 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)6月24日、M8.4の地震が発生した。香美郡田村下庄の正興寺で高潮あり、古文書等多くを流失した。兵庫県、徳島県方面の津... 続きを読む