昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県四万十町(窪川町)
災害種類
地震・津波  火災  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時頃、大地震が発生した。その後、高知市、須崎、久礼では津波に見舞われ、中村では火災も発生するなどして、県下のほとんどの市町村で被害を受けた。窪川町の被害は死者1人、負傷者2人、家屋の倒壊18軒、半壊63軒、浸水32軒、道路損壊217箇所、罹災者221人で、他町村に比べて少なかったが、地震により物価が高騰して経済的、精神的被害は大きかった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
窪川町史編集委員会編「窪川町史」(窪川町、2005年)、410-414頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 火災 死者
NO.
高知191

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早暁、地震が発生し、その後の津波の襲来により、被害は県下全域に及んだ。高知市では特に地震による地盤沈下のために浸水家... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明、南海地震が発生。高知市の被害は、死者231人、負傷者334人、家屋の全壊1,689戸、半壊2,822戸、浸水1... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分、南海道沖地震が起こった。地震による被害は宿毛の町が大きかったが、津波による被害は大島や片島で大きかっ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震(M8.0)により、「南海大地震誌」によれば、高知県の被害は全壊4,834戸、半壊9,341戸、死者679... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の南海地震により、愛媛県の被害は死者26人、負傷者32人、家屋の全壊553戸、半壊790戸、道路等の損壊1... 続きを読む