安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県黒潮町(大方町)
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月5日午後4時過ぎ、大激震が起こり、ついで大津波が押し寄せた。入野の加茂八幡宮の境内にある「安政津浪の碑」によると、地震により瓦屋、茅屋とも家は全て倒壊し、人々が登った山頂から見ると、西の牡蠣瀬川から東の吹上川にかけて津波が押し寄せたこと、津波は7度押し寄せたが第4波が最大であったことなどが記されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
入野の加茂八幡宮には「安政津浪の碑」が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大方町史改訂編纂委員会編「大方町史」(大方町、1994年)
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政南海地震 津波 加茂八幡宮
NO.
高知192

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日七ツ時(午後4時)、大地震が起こった。民家では夕食のため炊事中だったので、倒壊した家屋からたちまち出火し、さらに津波が押... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、大地震が起こった。寅の大変と言われる。「甲寅大地震御手許日記」によると、夕方地震が起こった後も、日没までに2回、夜中に... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早朝、潮岬南南西約50kmでM8.0の大地震が起こった。中部地方以西に大きな被害をもたらし、死者1,300人余り、全... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日申の下刻(17時頃)、大地震が発生した。寅の年の大変と呼ばれている。足摺岬の様子を伝える記録や口伝によると、地鳴り、海鳴... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日朝方、東海道沖で強震があり、土佐でも震動を感じ、鈴浪があった。翌5日午後4時過ぎに南海道沖で大地震が起こり、大津波が来襲... 続きを読む