安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県黒潮町(大方町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日朝方、東海道沖で強震があり、土佐でも震動を感じ、鈴浪があった。翌5日午後4時過ぎに南海道沖で大地震が起こり、大津波が来襲した。伊田の浜では小船数隻が海岸に打ち上げられ、人家は大半が海上に引き出された。(小野桃斉記録による)また、入野の中居・早咲では人家2、3軒を残し、その他60軒が流失した。本村、芝、新町、浜ノ宮も人家が3分の1程度が流失し、死者が早咲地区で5、6人出た。(宮地直知書による)上川口では大庄屋の家が流失し、古文書等一切が流失したという。
地理院地図
Googleマップ
備考
伊田海岸の金毘羅神社入口に、安政南海地震の碑が建立されている。
参考画像
参考文献
道倉頼雄著「ふるさと上川口」(道倉頼雄、1994年)、87-89頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 小野桃斉 宮地直知 死者
NO.
高知204

よく似た災害

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日朝方、東海道沖で強震があり、土佐でも震動を感じ、鈴浪があった。翌5日午後4時過ぎに南海道沖で大地震が起こり、大津波が来襲... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日に地震が発生し、その後翌年1月まで余震が続いた。野根浦大庄屋安岡家に伝わる「嘉永七年十一月四日寅大変日記覚」には、... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝辰の下刻(午前9時頃)、大地震あり。5日午前3時頃、大地震となり、その後も大震が続いた。加えて沿岸地方では大津波の襲来... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝辰の下刻(午前9時頃)、大地震あり。5日午前3時頃、大地震となり、その後も大震が続いた。加えて沿岸地方では大津波の襲来... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日東南海道沖地震、5日南海道沖地震、7日伊予西部地震が起きた。「桜田親興日記」によると、宇和島では5日の大地震により家屋が... 続きを読む