昭和38年の台風

災害年月日
1963年08月09日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和38年(1963)8月9日、台風による豪雨のため、四万十川上流の梼原村や東津野村などで時間雨量80~100ミリ、総降雨量800~1,000ミリを超えたという。中筋川流域でも道路は冠水し、堤防は決壊した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
澤田佳長著「四万十川物語」(岩波書店、1993年)、46-47頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 豪雨 洪水 四万十川 中筋川
NO.
高知2896

よく似た災害

平成5年の台風5号

平成5年(1993)7月26日~28日、県中部を中心に各地で時間雨量60ミリを超える豪雨。梼原の総降雨量は427ミリ。 続きを読む

昭和24年の台風

昭和24年(1949)、台風により大きな風水害が起きた。700ミリを超す雨に四万十川の水位が上昇し、流域の河川が逆流し氾濫した。支流の中筋川流域でも堤... 続きを読む

平成19年の台風4号

平成19年(2007)7月12日から15日にかけて、梅雨前線と台風4号による降雨のため、総雨量は四万十川流域で260~650ミリ、後川流域で440~6... 続きを読む

明治43年の台風

明治43年(1910)9月7日夕方、台風が天草島から上陸し、瀬戸内を通った。高知県での降雨は3日~8日、5、6日に集中し、各日100~200ミリを記録... 続きを読む

明治29年9月の多雨

明治29年(1896)9月、多雨のため、大不作。和食、日和佐で1,000ミリを超えた。 続きを読む