昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県黒潮町(大方町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時過ぎ、大地震が起こった。津波により高知市の東部で2千町歩の水田が埋没した。また、中村市街地の被害が甚大で、中村では上川口郷住民5人が、高知市では上川口郷住民1人が死亡した。上川口では住家が倒壊して、1人が死亡したほか、納屋等2棟が全壊し、残りの民家は半壊ないし傾斜した。夜明けになってからも津波による潮の干満は激しかった。このほか、上川口住民による地震体験記が掲載されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
道倉頼雄著「ふるさと上川口」(道倉頼雄、1994年)、89-92頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 死亡 上川口 体験記
NO.
高知205

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により高知県の被害が大きく、高知市や須崎港などに大津波が押し寄せ、人畜、家屋の被害が多大であった。佐川付... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海道地震が起き、四国一帯は震度5の強震だった。脇町警察所管内では死者10人、負傷者4人、家屋全壊2... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道地震が発生した。地震後、高知市浦戸では25分後に、室戸では約10分後に、須崎では15分前後で津波が... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震で、中村市では地震後の火災により、倒壊した家屋等の下敷きになるなどして多くの人が焼死した。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、高知市では河川堤防が決壊し、長期にわたり甚大な浸水被害をこうむった。この研究では、これまで不明確で... 続きを読む