天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年00月00日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
地震・津波  
概要
白鳳13年(684)、大地震が起こった。下の加江にはこの地震に関するいくつかの口碑が残されている。小方の藤が谷の上にコガントウという山があり、津波で醸造用の大桶(こが)が打ち上げられたと伝え、それでゴガン峠という。また、今明に越える坂を稲ん峠(とう)というが、これは稲束が流れ着いたためであるという。さらに、布川を遡ること約8km葛篭山野麓に鍋ん轟という渕があるが、津波で鍋が流されてきたためであるという。家路川に船が谷という字があるが、これも津波で船が漂着した所であるという。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
橋本登著「下茅の歴史」(橋本美恵子、1970年)、47-48頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
白鳳地震 下の加江 津波 口碑
NO.
高知206

よく似た災害

天武天皇13年の地震

image

天武13年(684)10月14日、地震が発生した。日本書紀には「土佐国の田苑五十余万頃、没して海となる。」と記されており、このことは「五社鎮座傳記」(... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こった。世に亥の大変という。下の加江にはこの地震に関するいくつかの伝承が残されている。布の西光寺の裏に「つる... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、南海道沖の大地震により、東海道、四国、九州一帯は大被害を受けた。余に白鳳の大地震という。日本書紀によると、「人民... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、巨大地震が南海トラフで起こった。「日本書紀」によると、「国挙りて、男女叫びよばいて、まどいぬ。則ち、山崩れ河湧く、諸... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、白鳳の地震が発生した。土佐沖大地震とも言われているが、阿波国内でも相当の被害があったという。(「阿淡年表秘録」、... 続きを読む