宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県四万十市(西土佐村)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、津波が来襲した。土佐湾沿岸ではところどころ陥没して海に入ったという。土佐の国の被害は人家倒壊16,000戸、死者1,800余人、牛馬損失542頭、米穀流失24,000余石、船舶流失300艘余であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
西土佐村史編纂委員会編「西土佐村史」(西土佐村、1970年)、717頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 死者
NO.
高知211

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震。土佐国では大潮、伊予道後温泉は没して出なくなった。(別枝の中越律氏所蔵の「宝永年中大地震筆記写」による)また、... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震。土佐国では大潮、伊予道後温泉は没して出なくなった。(別枝の中越律氏所蔵の「宝永年中大地震筆記写」による)また、... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月、地震により、家屋倒壊、土佐の死者1,、844人。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震により、土佐の国では海嘯のため2,000人が死亡したと言われる。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震により、「南路志」に種崎一村亡所となる、溺死者704人などと記されている。本村も多大の被害があったであろうが記録... 続きを読む