明治15年の地震

災害年月日
1882年06月24日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
地震・津波  
概要
明治15年(1882)6月24日11時2分、地震が発生した。壁にひびが入り、石燈が倒れる。(「渡川改修四十年史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村市史編纂委員会編「中村市史 続編」(中村市、1984年)、307頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 渡川改修四十年史
NO.
高知219

よく似た災害

明治15年の地震

明治15年(1882)6月24日11時2分、強震により、壁にひびが入り、石燈が倒れる。(「気象集誌(高知)」による) 続きを読む

明治15年の地震

明治15年(1882)6月24日11時02分、強震、壁にひび入り、石燈倒れる。(「気象集誌(高知)」による) 続きを読む

昭和26年の台風11号

昭和26年(1951)8月17日~22日、台風11号。(「渡川改修四十年史」による) 続きを読む

昭和39年の地震

昭和39年(1964)11月9日2時56分頃、高知県中部山地で震度3の地震発生。深さ20km。(「渡川改修四十年史」による) 続きを読む

昭和27年の台風2号

昭和27年(1952)6月23日、台風2号。具同水位は5.46m。(「渡川改修四十年史」による) 続きを読む