明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、台風により、風速32m/秒、雨量122ミリを記録した。天守閣の鯱が一つ吹き落とされ、浦戸湾内の帆船が数隻沈没し、天満宮の鳥居楼門が壊れ、竹林寺の五重塔が倒れた。死者90人、負傷者72人、倒壊家屋12,000軒、半倒壊48,000軒、船舶の流失・破壊687隻に及んだ。(高知新聞による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
丹紫海漁郎「土佐風水害史」(土佐史談会編「土佐史談 第49号」土佐史談会、1934年)、71頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 高知城 帆船沈没 死者
NO.
高知3077

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日の台風は、風速32m/秒を突破し風速計を破壊し、雨量122ミリを記録した。高知城の鯱が一つ吹き落ち、高知港の帆船が数隻... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、風速52m超の台風により、県下では死者340人、負傷者971人、家屋の倒壊14,320戸の被害が出た。近くでは安原の... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月29日、大暴風雨により、人家の倒壊多く、中でも吹名では40戸のうち13戸が倒壊した。樹木の挫折、根倒れは無数で、中津の上野神... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が土佐湾一帯に激甚な高潮被害をもたらした。被害は死者12人、不明者1人、傷者491人、建物全壊1,135戸... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が襲来した。室戸岬測候所の観測によると、瞬間風速65~70mの世界最大級の記録で、風速計が壊れた。被害は、家屋... 続きを読む