昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、大地震が発生し、全町2,000余の家屋のほとんどを全半壊させるとともに、地震後の火災により町が焼き尽された。また、国民学校の3校舎・講堂などが倒壊したり、渡川鉄橋が墜落するなどした。中村の被害は、死者291名、負傷者3,415名、住家倒壊1,833戸、半壊1,168戸、焼失3,517戸、非住家倒壊1,215戸、半壊1,154戸、焼失4,555戸などであった。
地理院地図
Googleマップ
備考
為松公園には南海地震碑が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村市史編纂委員会編「中村市史 続編」(中村市、1984年)、307-326頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 火災 死者
NO.
高知223

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分頃、南海道大地震が起こり、全町2千余の家屋をほとんど全半壊させ、本町東側と中ノ丁両側の大部分と南上町の... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海道地震に伴う津波により、牟岐町の被害は住家の流失109戸、倒壊165戸、死者52人、重傷9人、船舶の流失91隻... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震で、中村市では地震後の火災により、倒壊した家屋等の下敷きになるなどして多くの人が焼死した。 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日未明、南海道沖を震源とするM8.0の大地震が起こった。地震から10分余後に津波が襲来し、人々は愛宕山などに避難したが... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海道沖大地震が発生し、地震後6波の津波があった。県下の被害は死者670人、行方不明9人、負傷者1,... 続きを読む