寛文6年の風雨

災害年月日
1666年08月04日
市町村
高知県梼原町
災害種類
風水害  
概要
寛文6年(1666)7月4日~15日、大風雨により、洪水。(「梼原町史」、「梼原史談」等による)/「梼原町史年表」には、7月度々暴風雨洪水あり、四万川天神と吉田光照卿墓も流出、四万川三島神社も水害を受け、梼原の瀑本山徳泉寺本堂も流失し、伊予・土佐前代未聞の洪水と記述されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
二宮清「津野山地域災害異常略年譜~梼原の災異記録を中心にして~」(梼原史談会編「梼原史談 第15号」梼原史談会、1993年)、7頁及び41-42頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
風雨 洪水 梼原町史 梼原史談 梼原町史年表
NO.
高知3179

よく似た災害

寛政4年の風雨

寛政4年(1792)7月26日、大風雨、洪水により、藩内破損家屋6,200軒、死者81人。天守閣落ち、大杉倒れ被害甚大。中の川地すべり。(「梼原史談」... 続きを読む

昭和20年の風雨

昭和20年(1945)9月21日、大風雨により、四万川の被害甚大。 続きを読む

昭和20年の火災

image

昭和20年(1945)1月29日夜、美馬郡貞光町の真光寺本堂から出火し、本堂が全焼した。この火事で、当時、同寺本堂に疎開していた大阪市大正区の南恩加国... 続きを読む

宝暦7年の風雨

宝暦7年(1757)7月26日、大風雨。(「梼原町史」、「津野山異談続々編」等による)/善之進時化。 続きを読む

寛永4年の地震

寛永4年(1627)10月4日、地震。(「梼原町史」、「高知県史」による) 続きを読む