昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県大月町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、大地震が発生した。大月町では死者5名、家屋全壊53戸、半壊30戸、浸水132戸であった。津波被害は古満目と浦尻で、津波は古満目が3.6m、浦尻が4.5mと記録されている。(「南海大震災誌 高知県」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大月町史編纂委員会編「大月町史」(大月町、1995年)、1325-1329頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 南海大震災誌
NO.
高知240

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかっ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかっ... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、安政南海地震により津波被害が起こった。この研究では、過去の南海地震津波に関する資料・資料から得られた四国の市町村別被災データをも... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、安政南海地震により津波被害が起こった。この研究では、過去の南海地震津波に関する資料・資料から得られた四国の市町村別被災データをも... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、安政南海地震により津波被害が起こった。この研究では、過去の南海地震津波に関する資料・資料から得られた四国の市町村別被災データをも... 続きを読む