安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日朝5ツ時過ぎ、大地震が畿内、東海、東山二道の諸国を襲い、翌日には南海、西海、山陽、山陰四道の諸国を襲った。その後1年間は余震が続き、ついに安政2年10月2日の大地震を惹起した。この経過については喜之助が記した「三災録」に詳しい。これによると、安政元年11月から翌年12月までの地震は総計817度であるという。中村町の魚市場の記録、須崎町史、宇佐町誌の記事が引用されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
南海大震災誌編纂委員会編「南海大震災誌」(高知県、1949年)、10頁及び17-30頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 三災録
NO.
高知251

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時頃)、地震が起こったが、小さいものであった。翌5日7ツの中刻(午後4時)、大地震が起こり、津波が襲来した。... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時頃)、地震が起こったが、小さいものであった。翌5日7ツの中刻(午後4時)、大地震が起こり、津波が襲来した。... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日午前9時頃、畿内、東海、東山に地震が起こり、ついで翌5日、南海、西海、山陽、山陰の諸国を地震が襲った。二震とも津波を伴っ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日と5日連続して大地震が起こった。この地震については、元脇地の坂本家に伝わる「大地震洪波事記」が地震時や地震後の様子などを... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日午前10時頃より大地震、翌5日午後4時過ぎまで大揺れ3回。讃岐各地で被害。(「諸国珍事大変控帳」及び「増補高松藩記」によ... 続きを読む