文化9年の地震

災害年月日
1812年04月21日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
文化9年(1812)3月10日戌上刻(20時)、地震甚だしく、未曾有のことであった。幡多や中村では御城下よりも格別に強かった。翌日までに11度余震が起こり、その後も度々地震は発生した。(「宮地日記」による)安芸郡史考には「浦辺はやめへ逃げる者多く騒動する」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、36頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 宮地日記 安芸郡史考
NO.
高知261

よく似た災害

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日午後10時頃、地震が起こった。幡多や中村では格別に強かった。翌日までに11度余震が起こり、その後も度々地震は発生した。(... 続きを読む

文化13年閏8月の洪水

文化13年(1816)閏8月2日~3日、洪水。(「太平寺覚書」による)安芸郡史考には「田野堤切れ」と記されている。 続きを読む

文化11年の地震

文化11年(1814)10月11日、地震。日本地震資料-宮地日記には「夜酉の上刻(18時)地震余程強くゆる。去々年3月1日の夜の地震よりは強き方に覚ゆ... 続きを読む

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日戌上刻(20時)、県西部で地震強し。高知城の石垣も崩れる。(「宮地日記」、「津野山異談続編」による) 続きを読む

寛文7年の火災

image

寛文7年(1667)12月14日、火災。安芸郡史考には「佐喜浜民家50余焼く」と記されている。 続きを読む