明治15年の地震

災害年月日
1882年06月24日
市町村
高知県高知市
災害種類
地震・津波  
概要
明治15年(1882)6月24日11時2分、強震により、壁にひびが入り、石燈が倒れる。(「気象集誌(高知)」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、61頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 気象集誌
NO.
高知264

よく似た災害

明治15年の地震

明治15年(1882)6月24日11時02分、強震、壁にひび入り、石燈倒れる。(「気象集誌(高知)」による) 続きを読む

明治15年の地震

明治15年(1882)6月24日11時2分、地震が発生した。壁にひびが入り、石燈が倒れる。(「渡川改修四十年史」による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、広見町では家が揺れ動き、タンスが今にも倒れそうになった。地震は数分間のものであったが、翌朝には土蔵... 続きを読む

明治9年の暴風

明治9年(1876)、暴風により、家が倒れ、木が倒し、船が吹き飛ばされた。 続きを読む

慶長元年の地震

慶長元年(1596)7月12日、豊後を震源とするM7.0の地震により、伊予薬師堂(松山市余土)の本堂、仁王門が倒れる。 続きを読む