寛永3年の大雨

災害年月日
1626年09月00日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
風水害  
概要
寛永3年(1626)4月から雨がほとんど降らず、8月に至って大雨が降り続いて大洪水となり、奈半利の堤防が決壊した。堤防構築したのは寛永16年(1639)であった。(「高知年鑑」、「田野文化史」、「奈半利町史考」、「北川風土記」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
樋口中著「奈半利川の今昔」(北川村史談会・北川村教育委員会、1983年)、3頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 奈半利川 堤防決壊
NO.
高知3500

よく似た災害

寛永3年の洪水

寛永3年(1626)8月、大雨が降り続いて大洪水となり、堤防が決壊した。寛永13年に堤防を構築した。 続きを読む

寛永3年の大雨

寛永3年(1626)8月、大雨、洪水。(「高知市史」、「田野文化史」による)堤防決壊。(「奈半利町史」による) 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)7月8日~9日、大暴風雨により、奈半利川出水のため田野・奈半利の堤防が決壊した。 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月4日、大暴風雨により、奈半利川の堤防が決壊した。高知市の雨量は459.7ミリであった。(「高知年鑑」、「田野文化史」、「奈半... 続きを読む

寛政11年の台風

寛政11年(1799)8月18日~19日の大暴風雨により、奈半利川の堤防が決壊し、田野の福田寺から奈半利の多気神社前まで一面の水となった。翌年、大普請... 続きを読む