昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
地震・津波  火災  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時15分頃、南海道大地震が起こり、全町2千余の家屋をほとんど全半壊させ、本町東側と中ノ丁両側の大部分と南上町の一部60余戸を焼き払った。紺屋町、南北上町、本町、南京町、一條通、天神橋は全滅、その他の町でも大半は倒壊または半壊し、東下町、栄町、京町、愛宕町などが不完全ながら残っているばかりであった。中村町の被害は全壊1,111世帯、半壊611世帯、焼失66世帯、死者278人に及んだ。四万十川鉄橋もトラス部分8径間のうち、両端を残して6径間が墜落した。
地理院地図
Googleマップ
備考
為松公園には南海地震碑が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村町役場編「中村町史」(中村町役場、1950年)、220頁及び224-229頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 火災 死者 四万十川鉄橋
NO.
高知269

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、M8.1の地震が発生した。高知県下の被害は死者670人、住家の全壊4,834戸、半壊9,041戸、浸... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震が発生し、中村町では全世帯数2,448戸のうち全壊1,111戸、半壊611戸、焼失66戸、死者278... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、香川郡の沈下量は約30cmであった。地震以後昭和25年までの被害は、床下浸水家屋約300戸、農耕地... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道地震が発生した。地震後、高知市浦戸では25分後に、室戸では約10分後に、須崎では15分前後で津波が... 続きを読む

明治15年の大火

明治15年(1882)1月13日、観音下の大工の若嫁が朝飯の支度のため、かまどに火を焚いたところ、木切れに燃え移り、折からの西の大風によって火は全町に... 続きを読む