元禄12年の火災

災害年月日
1699年11月03日
市町村
高知県高知市
災害種類
火災  
概要
元禄12年(1699)閏9月12日、火災。弘列筆記には「未の刻(14時)種崎町より出火、風なく殊に白昼なれ共去年のこと思い出し逃げる用意のみして火を救う者一人も無く大火に及ぶ、弘小路、鰯町、紺屋町、新堀町焼け、怪我人なし」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、10頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 弘列筆記 種崎町
NO.
高知3607

よく似た災害

慶応3年の水害

慶応3年(1867)6月19日、大雨により、上町が浸水。真覚寺日記には「雨は篠を乱せる如し、市中水深くして往来する者一人もなし」と記されている。 続きを読む

元禄11年の火災

元禄11年(1698)10月6日午の刻(正午)頃、城西北奉公人町一丁目から出火し、強い西風により火勢は猛烈となり、火は東郭中では大手門より中島町に至り... 続きを読む

元禄11年の火災

元禄11年(1698)10月6日、高知城下で大火災2,500軒焼失。 続きを読む

元禄2年の火災

元禄2年(1689)、本町で大火災が起こった。 続きを読む

元禄7年の火災

元禄7年(1694)閏5月、別子銅山大火、死傷多し。(「新居郡誌」による) 続きを読む