元禄15年8月の風雨

災害年月日
1702年09月20日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  高潮  
概要
元禄15年(1702)8月29日~30日、大風雨により、弥右衛門潮田、下知、新町に潮入る。本年は二度の風雨により損毛10万6千石余、永荒知高2千余石。(「高知市史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、11頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 高潮 高知市史
NO.
高知3611

よく似た災害

元禄15年の風雨・高潮

元禄15年(1702)7月28日、8月30日、大風雨、高潮、両度の風雨にて損毛16万石余、永荒地2,000石余。 続きを読む

元禄15年の風雨

元禄15年(1702)9月、両度の風雨と高潮により、損毛16万石余、永荒地2,000石余。(「中村町風水害史」による)/両度の水、山路の庄屋内庭まで入... 続きを読む

元禄15年の台風

元禄15年(1702)7月及び8月の暴風雨により、土佐国の損亡高10万6千石余、永荒地高2千石余。 続きを読む

寛延元年の風雨

寛延元年(1748)秋、風雨により損毛6,690石余。(「国府叢書」による) 続きを読む

享保15年の風雨

享保15年(1730)8月、大暴風雨により損毛高6,554石余。(「国府叢書」による) 続きを読む